エンジニアの転職年齢と求人について

エンジニアの転職年齢と求人について

エンジニアの転職年齢はいつまで?というのは、現役エンジニアで今の仕事に不満を持っている方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

では実際にどれぐらいの年齢なら転職ができるのか?ですが、未経験からエンジニアであれば20代の前半まで。20代後半だとやや厳しいと言われます。

また、エンジニア経験者からの転職となると転職年齢の壁はあるともいえますしないとも言えます。現場でバリバリに働く仕事内容での転職だと若くないと難しいため30歳が1つの目途だと言えます。

まあ最近はITエンジニア、特に開発エンジニアの需要が非常に高まっているため、「年齢問わない」いわゆる年齢不問の求人も増えてきています。ただし、年齢不問である求人の数はどうしてお少なくなりますから、転職成功への難易度が高まるのは間違いありません。その場合に、有利になるのがマネージメント経験です。

プロジェクトの統括やマネージメント業務としての転職となるともう少し年齢が高くても転職が可能なことも多いです。

結局、重要になるのは、まずは自分の能力と希望に合った転職先を見つけること。その次に、転職活動の場で自分がどんな経験があり、どんな立場の仕事ができるのかをしっかりとアピールできることになります。



TOP PAGE