エンジニアも将来はマネジメント力が問われる

エンジニアも将来はマネジメント力が問われる

特にITエンジニアは勤務地は取引先の企業内になることが多いため、人によって業務形態は異なります。人によっては、一日中マシン室の中で1人で過ごすこともあります。

そのような勤務形態が向くか向かないかは人それぞれです。マシン室の中で作業をするのがITエンジニアにはよくあることとはいえ、その形態がずっと続くようだと将来に少し不安に感じることもあるようです。

極論を言えば、若い時はどんな形態であっても働いていくことは可能です。しかし、ある程度年齢を重ねてくると、別の能力が比較されるようになります。それがマネジメント力です。

マネジメント力は複数人のよるチームでの業務の中で養われていきます。今の業務において、今後もマネジメント力が磨かれる可能性がほとんどないというのであれば、少し危機感を持ったほうが良いのかもしれません。

特にある程度の年齢になると、エンジニアとして手が動くよりも、マネージメント的な役割やリーダー的な役割が求められるようになります。もちろん、何らかの言語を通じてのシステムのロジックを身につけており、プロジェクトの進め方を知っていることが前提になりますが、そのうえで、若手を引っ張っていく能力も求められるのです。

エンジニアとして数年経験を積んだのちはその当たりも意識するとよいですね。



TOP PAGE